10年間キネコ映画祭で翻訳を続ける意味

ライフキャリアネットでは、「映画やドラマで学ぶ職業」を紹介しています。日常ではなかなか知ることができないさまざまな職業。映画やドラマであれば子どもたちは身近に感じることができるでしょうし、興味が湧いた職業を調べてみようと考えてくれるかも。そんな思いで企画しました。

今回は映画のなかの職業ではありませんが、特別編として、私が携わってきた映画祭についてお話しします。

私はさまざまなボランティアに積極的に関わってきましたが、本職では基本ボランティアはしないようにしています。(ボランティアといってもプロとして手抜きはできません。その間、お仕事として依頼してくださる企業様にお断りしなければならないのがとても心苦しいのです)

でも、たったひとつ、2007年から10年間毎年「キネコ映画祭(2014年までは”キンダー・フィルム・フェスティバル”)」のボランティア翻訳だけは続けてきました。
それはこの映画祭が「子どもたちの夢を育てる」理念のもと、”子どもたちに見せたい映画”を世界から集めて上映しているからです。
続ける理由はただひとつ、子どもたちの夢と笑顔のため。それしかありません。
「子どもたちに笑顔を」は、ライフキャリアネットの理念のひとつでもあります。

この映画祭のジェネラル・ディレクターはアンパンマンの声優、女優として有名な戸田恵子さん、プログラミング・ディレクターは中山秀征さん、スペシャル・サポーターは高橋克典さんが務めています。
映画祭をサポートするみなさん、ボランティアで参加しています。
みなさんも子どもの夢を育むことに共感されているからなのでしょう。そういった方達と共に作り上げる映画祭に参加できることを大変光栄だと思っています。
私の子ども2人も小学生と中学生のときに、ボランティアスタッフとして、ジャーナリスト、審査員を経験しました。
キネコ映画祭の数本の作品は東京国際映画祭で上映されます。その縁で、六本木ヒルズで行われる東京国際映画祭のオープニングセレモニーで、私の子ども2人も正装して、長澤まさみさんと共にレッドカーペットを歩かせていただいたこともあります。2人共とても緊張していましたが、忘れられない思い出になったようです。

この10年間、土日休みなく深夜までの仕事が続くときでも、この映画祭の翻訳だけは続けてきました。
そして、できる限り会場へ足を運ぶようにしています。そのたび、お客様が笑ったり泣いたりしながら私が翻訳した作品をご覧になっている姿に「やってよかったな~」と思うのです。観に来てくださる方一人ひとりにお礼を言いたいくらいです。本当にありがとうございます。
この映画祭で吹替翻訳した作品を字幕翻訳するよう仕事として依頼されたこともありました。大好きな作品の吹替翻訳と字幕翻訳ができたのでとてもうれしかったです。
さまざまな意味で私にとって思い入れの深い映画祭です。

今年も90分間の長編映画を吹替翻訳します。
実はサイトやキャリアカウンセリングルームの立ち上げなどがあり、今年は参加しないつもりでいたのですが、代表理事から直々に電話で依頼されたこともあり信頼されている以上お断りできないなと。ちょうど私にとって10年目の節目でもあったためやらせていただくことにしました。
恐らく10年連続で翻訳している方はいないと思いますので光栄です。

そのキネコ映画祭、今年は11月2日(水曜)から6日(日曜)まで開催されます。
今年の会場は二子玉川です。
会場:109 シネマズ二子玉川(シアター1・2)、iTSCOM STUDIO & HALL 二子玉川ライズ ほか二子玉川駅周辺イベント会場

%e3%82%ad%e3%83%8d%e3%82%b3%e6%98%a0%e7%94%bb%e7%a5%ad

特別協賛:東急グループ
協賛:セコム株式会社、シダックス株式会社、株式会社ゲオ
イベントパートナー:楽天株式会社
後援:内閣府、世田谷区、渋谷区教育委員会、港区教育委員会、横浜市教育委員会、川崎市教育委員会、狛江市教育委員会

上映する舞台で、ゲストや声優の方々がライブ吹替をしますので字幕が読めない小さなお子さんでも長編映画でも飽きずに楽しめると思います。
海外から監督や俳優も登場します。
大人が見ても泣ける、楽しめる作品が多い映画祭です。

私が翻訳する作品の詳細は後日改めてアナウンスします。ぜひ足を運んでくださいね。

インタビュ―取材を受け、そのなかでこの映画祭についても話しています。
ご興味がある方はこちらからご覧ください。

 

関連記事

コメントは利用できません。

おすすめ記事

  1. 金メダルを獲得した女子団体パシュートのメンバー菊池彩花選手のサポートされている松下信武先生のインタビ...
  2. 28年前に最愛の父を突然死でなくして…昨年7月ようやく父への想いをブログに書きました。
  3. 昨年取材させていただいたソニックガーデン社が「ベストカンパニー賞」第5位を受賞しました。
  4. 電通が設立した奨学財団、電通育英会「IKUEI NEWS」2018年1月号に専門家として寄稿記事が掲...
  5. 代表プロフィールを更新しました。
  6. 2018年もみなさまが充実した日々を送れるようサポートさせていただきます♪...
  7. 年末年始のお知らせに加え、ご自身で客観的に自己分析する方法もご紹介しています。
  8. 日本人材機構等運営の「selfTURN」連載記事のご紹介です。
  9. 福利厚生の一環としてキャリアコンサルティングを導入されてはいかがでしょうか。
  10. 太田黒公園の紅葉ライトアップが、12月3日(日曜)まで開催中です。