代表プロフィール
owner

代表 寺本 亜紀

■キャリアコンサルタントになるまでのストーリー

ライフキャリアネット®代表、国家資格キャリアコンサルタントの寺本です。

自分らしく生きる「ライフキャリア」の概念を広めたい!
キャリアコンサルタントと働く方々のネットワークを拡げたい!
そんな想いで、ライフキャリアネット®を作りました。

「ワーク・ライフ・バランス」の概念は広がりましたが、これは仕事とプライベートのバランスをとること。一方、「ライフキャリア」は、学生の方からご高齢の方まで「自分らしい生き方」をみつけることだと考えます。だから仕事をしていても、していなくても「ライフキャリア」はとても大事です。

キャリアコンサルタントになろうと思ったきっかけは、大手企業様向けの全社員研修の教材を制作しているとき。人事部などのご担当者様から教材制作のためにヒアリングを行っていたのですが、相談窓口があっても利用する方は少なく、誰にも相談できない方が少なからずいるという現状に気づいたからです。

20代の頃に、北海道から九州まで全国の支店をまわって、人材育成の研修を行い、キャリア相談を実施していました。転勤族と結婚したのでしばらく子育てに専念をして、その後、正社員、派遣社員、フリーランスとさまざまな職業を経験してきました。だからこそ、キャリアコンサルタントとして支援できることがあるのではないかと思っています。

キャリアコンサルタントになる前は、10年以上、フリーランスの映像翻訳者として映画やドラマ、ドキュメンタリーなどの字幕や吹替の翻訳をしたり、ライターとして日経BP社で直木賞作家など数多くの著名人のインタビュー取材や特集記事を企画から執筆まで担当していました。

現在は、キャリアコンサルタント、映像翻訳家、ライターの活動をしています。大手翻訳学校では講師を務め、プロを志す映像翻訳者の育成も行っています。

私のようにいくつかの職業を持つ「自らの多様性」を、クオレ・シー・キューブ社では「インナーダイバーシティ®」と定義されています。(クオレ・シー・キューブ社の岡田康子代表はパワハラの言葉を創られた方です。セクハラ・パワハラ等の教材制作ではクオレ・シー・キューブ社にお世話になりました。)

いくつかの本業を持つことを最近では「パラレルキャリア」ともいわれるようです。

すべての仕事にプロとして真摯に取り組んでいるからこそ相乗効果で、それぞれの仕事に活かせています。

日本人材機構等が運営する”自分らしく働く”を考えるメディア「selfTURN」では、開設前の企画段階から参加し、キャリアコンサルタントとして記事を執筆しています。

先日は、リクルート社が運営する「とらばーゆ U29★女子プロジェクト」に、専門家(キャリアコンサルタント)として監修した記事が掲載されました。

リクルート「アラサー女性の”仕事の三大お悩み”解決術」

みなさんも同じです。キャリアは確実に積み重なっています。キャリアコンサルティングで一つひとつ丁寧にお聞きしていくと、その方の価値観や強みがみえてきます。ときには、ご本人が「弱み」だと思っていたことが「強み」だったりします。だから、キャリアコンサルティング後はみなさんの目がキラキラすることがとても多いんです。

企業様からのご依頼で、従業員の方を対象としたキャリアコンサルティングも行っています。これまでのキャリアを振り返っていくなかで、その方の価値観や強みを再確認していくので、自己肯定感を高まり、キャリアコンサルティング後に職場でイキイキ働かれているというご報告をいただくことが少なくありません。

今、その職場で得られる知識やスキルは何なのか、今後どのような働き方をしていきたいのか、それを考える機会にしていただければ幸いです。

あまりプライベートな話はしませんが、少しだけ。
現在、社会人2年目の娘と大学2年の息子がいます。
子どもたちが幼い頃は、毎夏1カ月間カナダ、アメリカ、オーストラリアへ親子留学に行き、子どもは現地校、私は語学学校へ通うなど束の間の海外生活を楽しんでいました。
子どもたちにとって、異文化を肌で感じられる良い機会となったようです。
子どもの学校では、PTA執行部役員をはじめ、学級代表委員、広報委員、卒業対策委員などを歴任。
ママ友からは「またやってるのー?」とからかわれ、、、心の中で「いやいや、やりたいわけないじゃん(泣)でも誰もやりたがらないから…」と心でつぶやく日々。でも一度引き受けたからには全力投球。これも良い経験になったと思います。

日本ではまだまだキャリアコンサルティングを受ける文化はありませんが、占いや美容院、エステ、ネイルサロンへ行く時間や費用を、ときには「過去と未来のあなたを繋ぐ時間のため」に使ってみてはいかがでしょうか。新たな一歩を踏み出すきっかけになるかも!?

ライフキャリアネット®のマンツーマン型ワークショップ「未来のあなたが輝くキャリアビジョン♡メイキング」では、自身の強みを知り、譲れない信念や価値観を明確にして、理想とする働き方、生き方を考えていきます。ジムのパーソナルコーチ(トレーナー)と思っていただければわかりやすいかもれしません。

通常のキャリアコンサルティングでは、職場の人間関係やご家族のこと、将来への不安などをじっくりお聴きしてまいります。

「話すことで頭のなかが整理された」、「新たな視点で考えられるようになった」、「自分の強みに気づかなかったけど、知ることで自信がついた」そのような言葉をよくいただきます。

キャリアコンサルタント(国家資格)と、その上位資格である2級キャリアコンサルティング技能士(国家検定)も取得していますので、「キャリアコンサルタントの資格をとりたい!」「キャリアコンサルタントとしての強みを知りたい」といったキャリアコンサルタント関連のご相談もお受けしています。安心してご相談ください。

ひとりで悶々とした気持ちを抱えている方。ライフキャリアネット®へ一度足を運んでみませんか?

ライフキャリアネット®は、九段下駅降りてすぐです。個室のカウンセリングルームやセミナールームなどを完備しています。お気軽にお問い合わせください。

キャリアコンサルティングのお申し込みはこちらまで ※第3希望の日時までお知らせいただければ幸いです。

▼講座・ワークショップ

キャリアプラン作成や部下のやる気を引き出す方法、ハラスメント予防などさまざまな講座やワークショップを開催しています。

「自分らしく明るく楽しく生きる!キャリア&マネープラン ワークショップ」
「会社を辞める前にやるべき3つのこと!未来のあなたを創るキャリアビジョンメイキング講座」
「不安を解消する!マインドフルネス・カウンセリング」など

そのほかのセミナーは「サービス・料金」でご覧いただけます。マンツーマン型が人気です。

ご希望の日時を3つほど「ご予約・お問合わせ」からお知らせください。お待ちしております。

個別のキャリアコンサルティングは、メールやスカイプでも受け付けています。
電話相談の場合は「ボイスマルシェ」をご利用ください。

また、企業様向けには「セルフ・キャリアドック制度」を活用した従業員の方向けのジョブ・カードを活用したキャリアコンサルティングも実施しております。

■ライフキャリアネット®理念

「ライフキャリア」の概念を広める
イキイキと生きるための支援を行う

■アクセス

九段下駅「6」番出口より徒歩1分です。
(東京メトロ半蔵門線/東京メトロ東西線/都営新宿線)

■ロゴマークの由来

クライアント=相談者(イルカ)の方が未来に向かって元気にジャンプしたり大海に泳いでいけるように、キャリアコンサルタント(CC)が包み込むようにあたたかい目(真ん中の点)で見守っている。それをイメージしています。

■略歴

研修のマニュアルを作成し、全国の支店をまわって人材育成研修を行っていました。
大手企業様向け全社員研修のための教材(メンタルヘルスケア、ストレスチェック、セクハラ・パワハラ・マタハラのハラスメント予防、ダイバーシティ、CSR、新卒採用、情報セキュリティなど)を制作していたので、企業様のお困りごとなどを人事部の方からヒアリングし、ソリューションを提案してまいりました。
キャリアコンサルタント養成講師、ライター、編集者、映像翻訳家(字幕・翻訳)、翻訳学校講師としても活動中です。それらの実績はこちらをご覧ください。

国家資格キャリアコンサルタントには守秘義務がございます。ご相談内容が一切外部に漏れることはございません。安心してなんでもご相談ください。

保有資格など

◆キャリアコンサルタント(厚生労働大臣認定) 【国家資格】
◆2級キャリアコンサルティング技能士(厚生労働大臣認定) 【国家検定】
◆ジョブ・カード作成アドバイザー(厚生労働大臣認定)
◆マインドフルネス・カウンセラー
◆ストレスマネジメント・ファシリテーター
◆ITインストラクタ資格(ビジネスコンピュータ) 1級
◆ビジネスコンピュータ技能資格 1級(Word・Excel・PowerPoint・Access)
◆翻訳学校フェロー・アカデミー 映像翻訳「マスターコース」講師
◆小学校英語指導者 児童英語教師
◆東京都食品衛生責任者

所属学会や協会など
◆国際キャリア教育学会
◆日本キャリア教育学会
◆日本キャリアデザイン学会
◆日本産業カウンセリング学会
◆特定非営利活動法人キャリア・コンサルティング協議会
◆東京商工会議所

 

「東商 社長ネット」に掲載されています。↓    「東商 社長ネット」はコチラから↓