【ブログ】就職・転職でやりたい仕事をみつけるために

「自分がやりたい仕事って何だろう?」

就職活動をするときにと考えますよね。

では、どのようにすればみつかるのでしょうか?

新卒の大学生が実践していた方法をご紹介します。

昨日、「ニュースevery.」で就活生の奮闘記が放送されていました。

就活時には、平均で30社程度エントリーすると言われていますが、

ユニークな就活として、5社に絞りこんで就職活動を行った女子学生を紹介していました。

素晴らしかったのは、その絞り込み方。

その方法は、キャリアコンサルティングで行う棚卸しの新卒バージョン!

「本当にやりたい仕事は何なのか?」を突き詰めるために、幼い頃から大学4年まで、「自分が興味を持ったこと」、「やっていて楽しかったこと」を書き出す方法です。

その女子学生の場合は、バイトに関する記述が多かったので、「自分はやはり接客がしたい」「お客様の喜ぶ顔を見たい」と考えたそうです。

多くの業種の情報を集めたうえで、全国にリゾートホテルを展開している企業に絞り込み、見事内定を獲得!

それをひとりで考えて実践できているのは素晴らしいですね。

これから就活される方だけでなく、転職を考えている方もぜひやってみてください。

ご自身でされる場合は、以下の3つの項目に分けてみるのもいいでしょう。

「自分がやりたいこと(WillもしくはWant)」、「自分ができること(Can)」、「社会(会社)から期待されていること(MustもしくはNeed)」

「やりがい」×「パフォーマンス」を高められるのは、この3つが重なったとき。

「自分がやりたい仕事」をするためには、スキルやスピードなどできることを増やすことが大切ですし、会社の期待に応えることも必要になります。

おひとりでは難しいという場合には、キャリアコンサルタントに相談されることも有効です。

自分では気づかなかった強みや興味を知ることができますよ。

九段下駅降りてすぐのライフキャリアネット(R)では、就職活動(新卒・転職)のためのキャリアコンサルティングも実施しています。

ご予約はこちらからお願いします。3つほど、ご希望の日時をお知らせください。

お会いするのを楽しみにしています。

関連記事

コメントは利用できません。

おすすめ記事

  1. 仕事をとおして人として成長してますか?...
  2. 5年後、あなたはワクワクする仕事をしているでしょうか。
  3. 自信を持って遂行できる能力--自己効力感を高めるには?...
  4. 「気づきの質問」の2回目です。
  5. 自分と向き合うことで「ライフキャリア」を知る。「気づきの質問」で一緒に考えていきましょう。
  6. 8月から「ライフキャリア」に関するコラムを掲載します。
  7. 新卒で入社する企業はとても大切です。
  8. 転職のための「自己分析」を受けた方のご感想をご紹介します。
  9. 弊社はCOVID-19の感染拡大を防止するための対策を徹底しています。
  10. 自己分析は就活に役立ちます。新・予約システムではクレジットカード決済できます。