『サバイバル・ウエディング』「ライフキャリア」を意識したキャリアプランづくり

こんにちは。
株式会社ライフキャリアネットの寺本です。

今回は「映画やドラマで学ぶ職業」番外編として「キャリア開発」についてご紹介します。

先日、経営者懇談会に参加してきました。
私にとってこういう場は自分に足りないことを知る良い機会となります。
なぜなら初対面の方も多く、そういった方からさまざまな質問をされて気づきを得られるからです。

例えばある経営者の方からはこんなことを言われました。
「ライフキャリアネットって生命保険の会社みたいですね」

ライフネット生命保険株式会社様のイメージが強いのでそのような発言になったのでしょう。
こんな有名な大手企業様と間違えていただけるなんて、
それも安心して暮らすための保険会社と間違われるというのは大変光栄なことだと感じました。ありがとうございます。

実は当社の「ライフキャリアネット」という社名のなかで「ライフキャリア」の部分がとても重要になります。
この概念を日本の社会に広めていくために社名に「ライフキャリア」といれました。

ちなみに「ライフキャリアネット」の「ネット」は、企業様と従業員の方々、個人の方々、そしてキャリアコンサルタントが繋がるネットワークを意味しています。

先ほどのご発言から、「ライフキャリア」という言葉自体まだ一般の方々には認識されていない(当社の社名ではなく「ライフキャリア」の概念が認識されていない)ことがよくわかりました。

当社に「足りないことを知る」いいきっかけとなりました。

「ライフキャリア」の概念を伝えていくために社名にいれたのに…それをできていない現状を反省し、改めてしっかり伝えていかなければと認識することができました。

日本でまだまだ認知されていませんが、実はアメリカでは60年以上も前から「ライフキャリア」は使われています。

例えば、1950年代にアメリカの教育学者のドナルド・E・スーパーはキャリア理論「ライフキャリアレインボー(ライフキャリアの虹)」を発表しています。

サニー・ハンセンは著書『統合的人生設計(ILP)』において、「ライフキャリア」は「4L」、つまり「仕事(Labor)」、「学習(Learning)」、「余暇(Leisure)」、「愛(Love)」がバランスよく統合されている必要があると提唱しています。

ガイスバースとムアーは2002年に『ライフキャリアカウンセリング』を出版しています。

日本では「ワークライフバランス」がようやく浸透してきましたがこれはいうなれば「仕事とプライベートのバランス」と捉えられいると思います。

一方、「ライフキャリア」は「一生のなかで行うキャリア開発」の意味合いが強くなります。
仕事をしている方々は当然キャリア開発を意識しますが、育休中や主婦の方、定年後の方、ボランティア活動をされている方々など、どの立場の方にも「ライフキャリア」はあるのです。

「ライフキャリア」を意識することでその時々の役割を認識して今後のキャリアプランを考えることができます。

これからは当サイトでも「ライフキャリア」についてわかりやすくお伝えしていきます。

考えるだけでなく行動して、結果を出す。

このことに関して、現在放送中の日本テレビ系 2018年7月土曜ドラマ『サバイバル・ウェディング』で伊勢谷友介さん演じる編集長の宇佐美が以下のような”ことわざ”を紹介していました。

百聞は一見にしかず
百見は一考にしかず
百考は一行にしかず
百行は一果にしかず

「聞くだけじゃなくて実際に見ろ
見るだけじゃなくて考えろ
考えるだけじゃなくて行動しろ
行動するだけじゃなくて結果を出せ」

頭で考えるだけじゃなくて行動をする大切さ。キャリア開発にも繋がります。

『サバイバル・ウェディング』では、波留さん演じるさやかは出版社の編集者をしているので、編集者に興味がある方は、番組内で紹介される雑誌の「タイトルや見出しの切り口」などの視点から観ると面白いと思います。私も編集やライターの仕事をしているので企画力や交渉力、プレゼン力、マーケティングの観点から興味深く視聴しています。編集者の仕事に関しては改めて紹介したいと思います。

気になるストーリーは…、寿退社直後に婚約破棄されたさやかが、元の職場に復職願いを出しに行くのですがすでに新人が配属されていて戻る場所はない! そこへ人気雑誌のカリスマ編集長の宇佐美から正社員になる条件として「全6回の婚活の過程をコラムとして連載して半年以内に結婚すること」を提示されます。さやかはクレジットカードの返済もあるので渋々承諾するも編集長の特訓で振り回され…といったラブコメディーです。

キャリア理論で考えるとまさしく「キャリアの転機」といえますね。

シャネルやコーチのポリシーやマーケティング手法なども紹介されているので生き方やビジネスの面から捉えても楽しめるのではないでしょうか。

さやかのように目標を定めて今しなければならないことを認識して行動することで見える世界は変わるはず。そのときに「ライフキャリア」を意識したキャリアプランづくりをしていくことで自分らしさが活かせるようになります。

当社の企業様向けキャリア研修「未来のあなたが輝くキャリアビジョンメイキング」では、目標を定めて行動におとしこんでいきキャリアプランを作成していきます。

個人様向けにマンツーマン型ワークショップも開催しています。

株式会社ライフキャリアネットの「頑張るあなたのキャリア相談室」は代々木にあります。

企業様の「キャリア相談室」としてもぜひご利用ください。人材育成に関心のある企業様からのご連絡お待ちしております。

まずはこちらからお気軽にお問い合わせください

画像はイメージです

関連記事

コメントは利用できません。

おすすめ記事

  1. 今回は事業計画書のビジョンやミッションなどに関するコンサルティングを実施しました。
  2. 未来の自分にバトンを渡すために今できることを考える...
  3. 「百聞は一見にしかず」の続きをご存知ですか?キャリア開発にも役立ちそうです。
  4. 日本人材機構等が運営するselfTURNで松下先生にメンタルコーチングについてお話しいただいてます。
  5. 一日も早く復旧、復興されることを祈念いたします...
  6. 情報セキュリティ対策してますか?...
  7. 新人研修の講師を務めました。ご感想も紹介しています。
  8. さまざまな業種の企業様100社以上のキャリアコンサルティングのご感想を紹介します。
  9. 平成30年度 新入社員1,644人を対象とした「働くことの意識」調査結果でみえてくる傾向とは?...
  10. 海外在住の方からメール相談のご感想をお送りいただきましたのでご紹介します。