【厚労省公表】新卒3年以内の離職率は?

経営者の方からよく「せっかく入社した社員が辞めてしまう」というお話しをお聞きします。
実際、新卒で入社した社員が3年以内に離職するのはどのくらいの割合でいるのでしょうか?

厚生労働省が2018年10月23日に公表した「新規学卒就職者の離職状況(平成27年3月卒業者の状況)」によれば、「新規学卒就職者の就職後3年以内離職率」は以下のとおりです。

新規大卒就職者 31.8%
新規高卒就職者 39.3%

実際、社員研修や上長との個別面談を実施している企業は多いのですが、上長での面談ではタスク管理が中心になりがちです。一人ひとりがどのような思いで働いているのかまではなかなかわかりません。

それでは個人の方はどんなところで今後の働き方を考えているのでしょうか。

一度キャリアコンサルティングを受けてみませんか?

ライフキャリアネットでは、「20代からのエンディングノート」を作成するなかでキャリアプランについても考えていきます。

社外のキャリアコンサルタントとのキャリアコンサルティングでは、国家資格として守秘義務があります安心してお話しください。

「20代からのエンディングノート希望」と明記のうえこちらからお申込みください。

ワクワクした人生を送るためにお手伝いさせていただきます。

関連記事

コメントは利用できません。

おすすめ記事

  1. 過去から未来へワクワクを詰め込んだエンディングノートをつくりませんか?...
  2. 未来の自分にどんなバトンを渡しますか?...
  3. 法人様向けと個人様向けの2つのサイトに分かれます。
  4. 「こういった機会を作ってくれた会社に感謝しています。
  5. 会社を辞めるには一人ひとり、それぞれの理由があります。
  6. グローバル展開する福岡発のコワーキングスペースを紹介します。
  7. 自分の人生を大切にしていますか?...
  8. 法人様向け「セルフ・キャリアドック制度」のサイトをオープンしました。
  9. 新人研修の講師を務めました。ご感想も紹介しています。
  10. 日本赤十字社は義援金“全額”を被災地にお届けしてくださいます。一日も早い復興をお祈り申し上げます。