【厚労省公表】新卒3年以内の離職率は?

経営者の方からよく「せっかく入社した社員が辞めてしまう」というお話しをお聞きします。
実際、新卒で入社した社員が3年以内に離職するのはどのくらいの割合でいるのでしょうか?

厚生労働省が2018年10月23日に公表した「新規学卒就職者の離職状況(平成27年3月卒業者の状況)」によれば、「新規学卒就職者の就職後3年以内離職率」は以下のとおりです。

新規大卒就職者 31.8%
新規高卒就職者 39.3%

実際、社員研修や上長との個別面談を実施している企業は多いのですが、上長での面談ではタスク管理が中心になりがちです。一人ひとりがどのような思いで働いているのかまではなかなかわかりません。

それでは個人の方はどんなところで今後の働き方を考えているのでしょうか。

一度キャリアコンサルティングを受けてみませんか?

ライフキャリアネットでは、「未来のおと」を作成するなかでキャリアプランについても考えていきます。

社外のキャリアコンサルタントとのキャリアコンサルティングでは、国家資格として守秘義務があります安心してお話しください。

「未来のおと希望」と明記のうえこちらからお申込みください。

ワクワクした人生を送るためにお手伝いさせていただきます。

関連記事

コメントは利用できません。

おすすめ記事

  1. 8月から「ライフキャリア」に関するコラムを掲載します。
  2. 新卒で入社する企業はとても大切です。
  3. 転職のための「自己分析」を受けた方のご感想をご紹介します。
  4. 弊社はCOVID-19の感染拡大を防止するための対策を徹底しています。
  5. 自己分析は就活に役立ちます。新・予約システムではクレジットカード決済できます。
  6. 自己分析を行うことで、自分が知らない自分に会えるかも。
  7. 年末のこのタイミングでこれまでの人生を振り返って、未来の自分にバトンを渡しましょう。
  8. フランス料理のシェフになるためには?...
  9. 「子育て中に考えるセカンドキャリア」 セミナー開催します。
  10. 自分を表現して相手にうまく伝われば就活は成功します。