【気づきの質問コラム2】「外的キャリア」と「内的キャリア」

前回の「コラム1」では、キャリアの定義について考えてみました。気づきの質問では、自分にとってのキャリアのイメージをお聴きしました。

Q1:
あなたは「キャリア」と聞いて、どのようなイメージを思い浮かべますか?

みなさん、どのようなイメージだったでしょうか。

■キャリアのイメージ

「キャリア」のイメージは、今の自分がどのようなことに関心があるのかを反映することもあります。

もしかしたら、会社勤めをされている方は「昇進」「昇格」「異動」「管理職」「スキル」などを、
転職を考えている方は「就職」「転職」「職務経歴」「天職」「資格」「専門職」などを、
思い浮かべたかもしれません。
このほかに、「職務」「職業選択」「経験」「エリート」「官僚」「結婚」「出産」「育児」「人生設計」「介護」など人それぞれイメージがあるでしょう。

「キャリア」は、日常で当たり前に使われている言葉なので、なんとなくわかっている気でいるけれど、具体的にイメージするのは難しかったのではないでしょうか。

過去の経験から将来自分がどのように生きていたいのかを考えながら、キャリア形成をしていきましょう。

■「外的キャリア」と「内的キャリア」

キャリアには、「外的キャリア」と「内的キャリア」があります。

「外的キャリア」とは、業種や職種、役職、年収など目に見えるものをいいます。例えば、名刺や履歴書に書ける内容のものです。

「内的キャリア」とは、自分の価値観や働く意義など目に見えないものをいいます。例えば、その仕事をすることでやりがいや満足感を得られているのか、興味がある仕事をしているのか、自分がやらなければといった使命感はあるのか、人生において大切にしたいことなのかなどです。

就活や転職など含めて、キャリア形成をしていく際には、外的キャリアと内的キャリアをバランスよく考えていくことが大切になります。

それでは、「気づきの質問2」です。

Q2:
あなたがこれまでやりがいを感じた仕事はなんですか?

=== ★ === ★ === ★ === ★ === ★

代々木のライフキャリア相談室では、思考の整理をしながら人生設計を考えるコースをご用意しています。ご予約はこちらからお願いします。

RESERVA予約システムから予約する

関連記事

コメントは利用できません。

おすすめ記事

  1. 「気づきの質問」の2回目です。
  2. 自分と向き合うことで「ライフキャリア」を知る。「気づきの質問」で一緒に考えていきましょう。
  3. 8月から「ライフキャリア」に関するコラムを掲載します。
  4. 新卒で入社する企業はとても大切です。
  5. 転職のための「自己分析」を受けた方のご感想をご紹介します。
  6. 弊社はCOVID-19の感染拡大を防止するための対策を徹底しています。
  7. 自己分析は就活に役立ちます。新・予約システムではクレジットカード決済できます。
  8. 自己分析を行うことで、自分が知らない自分に会えるかも。
  9. 年末のこのタイミングでこれまでの人生を振り返って、未来の自分にバトンを渡しましょう。
  10. フランス料理のシェフになるためには?...