【人材開発支援助成金】助成金対象のセルフ・キャリアドック制度の新たな要件とは

政府は、中小企業の支援に力をいれています。

その一環として行われている助成金制度ですが、平成29年度4月から「キャリア形成促進助成金」は「人材開発支援助成金」に名称が変更されました。

「セルフ・キャリアドック制度」は助成金対象としてそのまま残っています。
セルフ・キャリアドック制度とは、企業が労働者に対して、定期的にジョブカードを利用したキャリアコンサルティング実施をすることです。企業が、セルフ・キャリアドック制度を導入することで助成金が受けられます。

このキャリアコンサルティングを実施するのが、国家資格のキャリアコンサルタントです。

これまでと異なる点は、実施計画書にキャリアコンサルタントの証明が必要になったこと。
つまり、セルフ・キャリアドック制度を規定した就業規則または労働協約の案をキャリアコンサルタントと共同して作成する必要があるのです。

3月末までに申請された企業様からの依頼で今月、来月もセルフ・キャリアドック制度を導入された企業様でキャリアコンサルティングを実施しますが、4月以降の申請からは、新たな要件が加わったので注意が必要になります。

ちなみに、セルフ・キャリアドック制度を導入した場合の助成金は、47.5万円です。

今年度の「人材開発支援助成金」については、今後も引き続きお知らせしてまいります。

ライフキャリアネットでは、10社以上の社労士事務所と連携しています。
これまで、セルフ・キャリアドック制度をご導入された企業様の従業員の方々のキャリアコンサルティングを多数、実施してまいりましたので経験も豊富です。

キャリアコンサルタントやキャリアコンサルティングに関して、まずはお気軽にこちらからお問い合わせ・ご相談ください

関連記事: 【企業様向け】助成金の対象となるセルフ・キャリアドック制度

関連記事

コメントは利用できません。

おすすめ記事

  1. 8月から「ライフキャリア」に関するコラムを掲載します。
  2. 新卒で入社する企業はとても大切です。
  3. 転職のための「自己分析」を受けた方のご感想をご紹介します。
  4. 弊社はCOVID-19の感染拡大を防止するための対策を徹底しています。
  5. 自己分析は就活に役立ちます。新・予約システムではクレジットカード決済できます。
  6. 自己分析を行うことで、自分が知らない自分に会えるかも。
  7. 年末のこのタイミングでこれまでの人生を振り返って、未来の自分にバトンを渡しましょう。
  8. フランス料理のシェフになるためには?...
  9. 「子育て中に考えるセカンドキャリア」 セミナー開催します。
  10. 自分を表現して相手にうまく伝われば就活は成功します。